よくある質問

仕事と子育ての両立が無理なくできるように努めます

ご家庭との連携を図り適時性の保育や教育を行っていきます

1号認定から3号認定まで、保護者の働き方によって認定区分は異なりますが、あくまでも入園の手続き上で分けられているだけで、実際の保育では認定区分によって教育や保育の方針を変えることはありません。毎日顔を合わせるお友達と共に、楽しく充実した園生活が送れるように、職員全員がサポートしています。開園は7時からとなりますので、早朝勤務の方や遠方へ出勤される方でも追加料金などを必要とせず、安心してお仕事ができると好評です。ご家庭との連携を図りながら、一緒に健やかな成長を見守っていきます。

慈光こども園
保護者が必ず参加するイベントは年に何回ありますか?

ございます。
・入園式
・運動会
・発表会

・各クラス懇談会


(卒園児のみ)

・卒園旅行

・陶芸教室

・卒園式

< 1 2 >
SAKURA保育園 綾瀬
< 1 2 >
SAKURA保育園 西新井
< 1 2 >
SAKURA保育園 竹の塚
< 1 2 >
SAKURA保育園 千川
< 1 2 >
SAKURA保育園 谷在家
< 1 2 >

大切なお子様が長い時間過ごす場所になるため、保育園選びはとても重要です。施設・設備から1日のプログラムまで、子ども達の事を一番に考えた内容をご用意しております。保育や教育面では、脳科学に基づき最適なタイミングで多彩な経験をさせる適時性を重要視し、年齢に応じた発達をサポートしています。自然を通した五感教育にも力を入れており、お散歩の時間もただ歩いて終わるのではなく、職員の声掛けで自然の尊さや不思議さに興味を持ち、探求心や好奇心が芽生える工夫をしています。

また、できるだけご家庭での負担を少なくするため、昼食は全年齢で完全給食としています。栄養バランスが整った美味しいメニューをお友達と一緒に食べ、食材に関する知識や生産者や調理してくれた方への感謝の気持ちが自然と身に付くような食育を行っています。社会福祉法人慈光明徳会では、本部を置く熊本県を中心に様々なアプローチで地域の子育てを支援しています。